デリケートゾーンの黒ずみで死にたいと思う女性も多い

   

黒ずみで死にたいと思う女性
デリケートゾーンの黒ずみで死にたいと思ったことがある女性が意外と多い事を知っていますか?

黒ずみの悩みのなかでも特に難しいのがデリケートゾーンに関するものです。デリケートゾーンの悩みはたとえ仲の良い同性の相手であっても他人に相談するにはハードルが高く、自分と他人を比較して自己解決を図っていくことも困難です。

そのため、異性に見られて初めて自分のデリケートゾーンの問題に気付くことも珍しくはありません。その際にショックを受けて、その後の人生に深刻な影響を与えてしまうこともあります。

彼からの「アソコ黒いよね。けっこう遊んでた?」なんて言葉で本気で悩み、死にたいと思ってしまう女性もいます。

男性経験とは関係ない黒ずみですが、どうケアして良いか分かりませんよね。ここではデリケートゾーンに対する正しい知識とケア法を学んでおきましょう。

デリケートゾーンの悩みの中心は黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみで死にたいほど悩む女性
デリケートゾーンに関する悩みは大きく、毛の濃さに対するものと肌の黒ずみに対するものに分けられます。

このうち毛の濃さについてはVIO脱毛の知識や方法が広く知られるようになってきたこともあり、比較的対処はしやすくなっていると言えるでしょう。エステサロンなどでもVIO脱毛はすでに一般的になっていますから、それを受けるにも心理的な抵抗感はそれほど強くはなくなっているはずです。しかし、肌の黒ずみの場合はなかなかそうはいきません。

デリケートゾーンが黒ずんで感じるということ自体がサロンなどに相談に行くための心理的抵抗に繋がってしまうので専門家の対処を受けることが難しく、また自分の黒ずみがどの程度の深刻さであるのか知る機会もありません。デリケートゾーンの黒ずみに対してはまず自分なりにある程度のケアをする必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみに関する具体的な悩み

海や温泉などで他人に肌を見られる機会であっても、デリケートゾーンの黒ずみを隠してやり過ごすことは可能です。ビキニラインにまで黒ずみが進行している場合には少し悩みは大きくなりますが、それでも水着の選び方などでごまかすことはできます。やはり黒ずみが問題になってくるのは異性との夜を過ごす時でしょう。

ここで黒ずみにコンプレックスがあると相手の要求に応えることもできず関係が一気に悪化してしまうこともあります。また相手の心ない言葉に傷付くケースも多くあるようです。

黒ずみの女性と異性のカップル

黒ずみの原因と対処法

肌の黒ずみ原因の多くはメラニン色素に由来します。紫外線を受けると肌が黒くなるのが一番わかりやすい例ですが、通常では紫外線を浴びないはずのデリケートゾーンが黒ずんでしまうのには実は別の理由があります。

それは下着による摩擦や締め付けです。
デリケートゾーンの肌は目のまぶたよりも弱く、ほんの少しの刺激でもダメージを受けやすいのです。そこに長年、下着の擦れや締め付けが積み重なっていくと知らぬ間に肌がどんどん黒ずんでいってしまいます。肌は加齢によるホルモンバランスの変化でも自然に黒ずんでいきますから、10代のうちには気にしていなかった下着のダメージを放置していた結果20代以降に一気に黒ずみが進行してしまうこともあります。

デリケートゾーンの黒ずみには美白クリーム

黒ずみへの対処としてもっとも有効なのは美白クリームです。ただし「美白」をうたったクリームには主に、紫外線を防ぎ肌の白さを維持するものとメラニン色素に働きかけて美白を促すものの二種類があります。

紫外線に触れる機会の少ないデリケートゾーンの黒ずみに適しているのは当然、後者ですので成分と効能については事前によく確認をしておきましょう。

湘南美容外科で販売している「ホスピピュア」は効果を実感する人も多く人気があります。実際に買ってみた口コミも参考にどうぞ。(ホスピピュア!口コミや効果を買って実験してます【恥ずかしい写真アリ】

人気記事ランキング

1
ホスピピュア!口コミや効果を買って試した【主婦の私が使った写真アリ】

ホスピピュアの口コミや効果、気になりますよね。湘南美容外科との共同開発の美白クリ ...

2
ホスピピュアの実際に使った体験談【恥ずかしい画像アリ】

ホスピピュアの体験談をステマ無しで書いています。実際に乳首や顔のシミ、ニキビ跡に ...

3
ホスピピュアとイビサクリーム【効果や値段の違いを比べてみました】

ホスピピュアvsイビザクリームを、効果や値段で比べました。 どちらもトラネキサム ...

 - 黒ずみの知識